どらやき

ウンパギ

『子リスのどんぐり図書館』をみて

子リスのどんぐり図書館めちゃくちゃ面白かったんじゃけどTwitterに死ぬほど書きそうなんでブログにしました

 


作家に拘って小説もエッセイもほかの媒体にも触れるというのは中島らもでかなりやったのでレッドブルさんの朝井リョウのプレゼンとても面白かった!!

『何者』はすぐ読みます!きちんと一作品の世界に浸かる時間をつくるというのをここ5年くらい出来ていなかったのだけど、『何者』の話を聞いて、感情移入するから尚更グラグラ心が動かされるかんじを味わいたいと思ったので!!

レッドブルさんのブログ等を通してかなり興味がわいていて、エッセイは読んでるけど小説とかラジオとかはまだ全然なので小説をまず読みたい

中島らもとか大槻ケンヂとかがすきなのでやっぱ作家は捻くれてる人の方が好きだしエッセイとかもおもしろく読める気がします ほんでそういう人が、恋の表現だけ美しくストレートにやっているのを読んでウットリしたりおい!!!!きいてないぞとなるのがいいですね

 


松本さんの外国文学の話もとても面白かった!!

読書好きな割には好きな作家からしか読まないので外国文学にはほぼ触れてこなかったし、韓国の作品という概念すら気に留めてなかったけど、配ってもらったさわりを読んだら、手法や話は突飛っぽいけど文章自体がとても読みやすい印象で、思ったより遥かに読みやすくて楽しめるのかもしれないと思いました!!

気にも留めなかったジャンルをおもしろくプレゼンしてくだすってありがとうございますとおもっています!!

あと「翻訳家がめちゃくちゃ大事」と言っていたのもそれは一時期シェイクスピアをちょっとちゃんと読もうとしてたときに感じたことでもあったので、その視点の話も機会があったら是非きいてみたいとおもいました!!

 


本当に本が好きなんだけど東京来てから時間がないとか、一人暮らしの家に本を仕舞う場所ないとかで手元に置いておきたい本を衝動的に買うということを全然できてなくて、シマノさんのプレゼンをきいてめちゃくちゃこの生活勿体無いとおもった。。

辞典とか辞書がすごく好きなんです 今はスマホがあるからやらないけど大学卒業するまでは旅行にも電子辞書を持って行ったり暇つぶしに辞書読んでたりしてたので

罵詈雑言辞典が元々気になってたので味覚辞典が同じ作者ときいてとても興味が湧きました

あと下鴨納涼古本まつりの写真超よかった!!!!

どうしても家が狭すぎる関係で本を増やせないので本屋さんに入らないようにしているのですが(入ったら買っちゃうから)、本当はああいうのが大好き!!!初めて神保町行ったときもめちゃくちゃ興奮したし!!!!

うちには本棚もないので、本棚のある暮らしに未だに憧れてるのだけど、古本屋さんで目についた本を買って本棚のラインナップがバカユルになっていく過程を楽しみたい、よね~~

 


戯曲の話もしたいというのがチラッと聞こえて、是非やってほしいとおもった!!!

これは演劇好きが高じて、知ってる演劇作品を戯曲で読むという楽しみ方をしていたときにたのしいなとおもったので!!

戯曲は別に、ト書きとかはあるけどセリフがパーっと書いてあるだけで、感情表現とかは別に書いてないところがいいですね

 


あとシマノさんの本に附箋がたくさんついてるのすごくよかった

いま読みたい本は止むを得ずkindleで読んでいますが(かなり便利だけど)なんて味気のない読書

カバーをかけるとか、かけないとかの概念がほしい

私は、高校生のときにいちばん本を読んでいてそのときは大槻ケンヂの『グミ・チョコレート・パイン』以外はカバーはずしてました

グミチョコは表紙がエッチだからエッチな本を読んでると思われたくなくてカバーをかけてました

他の本は表紙を見たいのと、クラスメイトに「何読んでるの?」ときかれたくなかったので「どうせ知らない本だよ」と示すためにカバーはずしてました

 


とっても気づきと実りのある素晴らしいライブでした!!またやってほしい!!!!!!

ノータイトル2

・もめごとの要因をやたらと「価値観の違い」に終着させようとする人にまともなのはいません 「価値観の違いがあるのだから、お前が言ったその言葉も、お前の意図とは反してこう捉えられるのだよ」を突き付けてくる人がたまにいますが、そういうやつはおかしい 普段から頭がおかしい


・保険証を持っていない男より私服でサルエルパンツを履く男の方が信用できない


・週末にMACの新作パレットを買ったのに飽きたらずNYXでもアイシャドウパレットを買いました 家にコスメワゴンがあって(結構でかい)、コスメはワゴンに収まるだけ!と決めていたのにもうかなり溢れていて消費が購入に追いつかないよ でもねキラキラかわいいものを手に入れるのが楽しすぎるのです


・夏服全然買ってないけど大丈夫かな?欲しい服があんまりない Noelaとかを着た方がいいことはわかってるんだけど(年齢と系統的に)、どうせ1年で飽きちゃうから高いお洋服が買えないょ


・『ボイメン新世紀 祭戦士ワッショイダー』を全部みてる おもしろい 戦隊ヒーロー好きだからやっぱかっこいいと思っちゃうな~


・今年こそTIFに行きたい 8月4日に目星をつけています ちゅーどりちゃんがみたいからねえ でもロロのいつ高シリーズとかぶっちゃった どうしよ


サニーデイサービスのMVにロロメンバー総出演がやばすぎます 私は島田桃子さんの絶対的ヒロイン感が大好き ロロのキャラクター紹介にある話の本筋に関係ない情報がとっても大好きだな 「見えないものを見せることができる」というのが演劇が好きだよ~と思う大きな由縁なのですが、そういう情報一つで上演時間中には見えなかったキャラクターの顔まで見えてくるようなところがとてもいい 「こう見せたい」という作り手の意図の通りに受け取れる場合も、受け手にある程度委ねられる場合も、どちらもよいです


・2週間で10人くらいにやせたねって言われて嬉しかったけどチョコミント味の季節がきちゃったからリバウンドしちゃうかも!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


・チャレンジザトリプルいった!ひとりで!ピンク色のポッピングシャワーがおいしすぎだった!コンビニエンスでも売ってほしい


・シスコンすぎて本当に自分のことが心配になるけどけいちゃんはずっとかわいいし面白い


・七夕まで1ヵ月切りましたけど町で突然短冊に出会えたときのためにお願いごとを考えなきゃ!!!候補は「最寄駅になか卯ができますように」「郵便局に布団を敷いて寝てみたいな」「おばさんが一人でクレープたべても変じゃない世の中になりますように」です

お笑いの感想3

◎喜利ン児

阿佐ヶ谷喜利ン児、完全に諦めてたけど奇跡的に仕事終われたので行くことが出来ました

平日のライブは絶望的なのだけど、育宙さんのライブって20時開演にしてあるのいっぱいあるね?19時か19時半か20時かって勤め人にとってはかなり大きな違いなのでありがたいです 20時開演の場合こっちゃんには可能性が微塵だけあり、阿佐ヶ谷喜利ン児はその「微塵」に当てはまりました

喜利ン児、コンセプト自体は始まったころからよく知ってはいたけど、観に行くのは初めてだったのでとってもたのしかったよ!!

大喜利が不得意というひとが回答を出すということに寛容な雰囲気がいいね~

 

大喜利マジック

とっても好きないいライブ~~

初めて見たキミガヨの桂木さんと公共の八尾さんがすごく面白かったです

レッドブルつばささんの主催ライブのいいところはレッドブルさんが好きで面白いと思ってる人を集めていて雰囲気がいいことと、ある程度の役割を期待してる存在がいるんだろうなみたいなのが少し見えるところ

 

◎いとこが来る日曜日

ボイスメモOKとのことで録音を聴きながらレポートを起こしてるところなんだけど、録音があると「いつでも出来る」と思ってしまってレポートを後回しにしてしまうのがよくないですね

自分の記録用にどのみちアップはする予定なのですが気持ちが薄れる前にきちんと感想を書こう

 

元々レッドブルつばささんとなかがわりょうさんのトークライブが好きということもあって期待値が高かったんだけど、そこにIQの高い一平さんが加わることの面白さ、それぞれの意義がきちんとあったのが嬉しかったね

 

一平さんのことはネタでしか知らなくて「変な人」とは聞いていたけど、「変」に終着してはいけないとおもったよ、それだけの面白さじゃなかったよ

IQが高いゆえの「気づき」と、天真爛漫ゆえの「気づいたこと全部言っちゃうところ」がすごく面白かったです あと泣いてたし

 

それと、なかがわさんとレッドブルさんも他の人とはちがう気づきとか切り口がある人でそれぞれ面白いなと思っていたから、一平さんが「なんでなんで?」を言ってもきちんと答えを見つけようとするところがよかったです

一平さんの発言を「くだり」にしないということは、この3人でトークライブをやる意義というか、意義とか勝手に言っちゃだめだけど、他には代えられない良さだなあとは間違いなく思いました

伝わるかな~~~;_;

 

あとゲストの2人も面白くて、みんなの「なんで?」で求められてる答えを的確に答えていたのがよかったな~

腑に落ちる体験の多いライブでたのしかったな また行きたいけど平日のライブ~;_;

 

◎お母さんの好きなお笑い

Twitterでも最近よく言うけどお母さんの好きなお笑いがうちの好きなお笑いとかなり重なってきた

元々お母さんがお笑い好きで一緒に見てたことがお笑い好きのルーツなので、小学生のときはいっしょにbaseよしもとも新喜劇も見てたし、うちが録画したルミネの撮って出しで見てお母さんがカリカのファンになったり、ほぼ同じものが好きだったのですが、東京に出てきてからはそうじゃねえだろがお笑いの中心になったため(今でもそうだけど)、共通のお笑いの話をすることはなかったのですが、東京ホテイソンありがとう だね~

お母さんはいま、東京ホテイソンから始まり、きつね、卯月、トンツカタンなどが好きでおこたしゃべりのヘビーリスナーであり、そのあたりから名前が出てくる芸人もよく知っているので、かが屋、バーニーズ、 なども興味があるらしいです

コントが好きならかが屋を見てよ!!!と言って勧めたら最初に見せた年金のネタがあまりハマらなかったらしいけど(こっちゃんがいちばん好きだから勧めたのだけど…)、他のネタも見てみたら方言が近いこともあり好きになってきたらしい うれしい

シティボーイズのファンだったこともあり人力舎の系譜、特にコントが好きなんだそうです あとマカロンの舟久保さんの顔が好きらしい

 

「マカロンの舟久保さんかっこいいと思うけどネタ見たことない」って言われて、確かにYouTubeにネタ上がってないと東京の若手のネタなんか見れないよね~と思い、中2のときにやっとの思いでお笑いホープ大賞こんらんチョップのネタを2本見ることが出来たときのことを思い出した 中2のときもマセキの箱推しだったんで

 

「お母さんに見せたい人をブッキングしてうちがライブ主催したらお母さん一回くらい東京来てくれる~;_;???」って言っちゃった 「行くかもな~」って言われた じゃあやりたいよ!!!!!!!!!!!

「マカロンを見せたい」ということだけは決まっています

 

あとお父さんから「EXITおもろいな」とLINEが来ていてお母さんが「ことちんイチオシ」って返事してたけどうちのイチオシじゃなくて、「今から売れるって言っとけばどうせすぐ売れるしお笑い分かってる感じが出せる芸人」がいつでも必ず1組いて(世の中の人にとっては水面下だけど、お笑いかなり見てると大浮上してる存在を言ってるだけなのでカンタンよね~)、今のそれがEXITなだけです 好きだけど

苦手なこと1

苦手なことを発表します

 

■ゲーム

小さい頃はお父さんの許可をもらってお父さんに毎回配線してもらってからじゃないとプレステで遊べなかったので(遊び終わるたんびにテレビとの接続を切られてた)ゲームで遊ぶことのハードルが高いと思いこんでた なので普段の遊びにゲームという選択肢がなくて、ゲームボーイとかもほしいと思ったことなかったし(23歳で初めてポケモンをやった)、おさがりでニンテンドーDSをもらったときもあんまり遊ばなかった

いまだにゲームが「特別な遊び」というかんじがして、スマホのゲームもあんまりやらないです

スヌーピーストリートはかわいいから好きで(ウッドストックの街にしようとしてる)、祭nine.のゲームはかなでくんの顔が見たくて無理して続けてる

テトリスとかの、気が向いたら始められて飽きたらやめられて、放置しても罪悪感がないやつはいいですね

ちなみに昔プレステで遊んでたのはガンバレットとホーンドアウルです お父さんが趣味でライフルをやっているので鉄砲のゲームしか家になくて、ガンコンの使い方しかわからないからLとかRとかもなんに使うかわからないです

 

■まんが

小学生のときは毎月ちゃお読んでたけど中学くらいのみんなが本気でまんがを読み始める頃にはまんがが読めなくなっちゃった

絵があることによってあまり集中しなくても読めてしまうことがかえってダメで、集中せずに読み切って「なんだったのだ??」となっちゃうので小説とかのある程度集中しないと読めないもののほうが好きです

同じ理由で石田衣良とかもそうだしライトノベルもあんまり得意じゃない 「読みやすすぎる」という理由です

あとドラマ見ない理由とも通じるけど、読み切りとかじゃないと途切れたタイミングで話忘れて最後まで読みたいという意欲がなくなってしまう

 

ゲームやまんがが苦手というのは、同世代のひとたちとの回顧ができないのでコンプレックスでもあります

本当にお笑いの話しか出来ない

 

■映画

この10年で1回しか映画館にいってない(ロロの『ダンスナンバー 時をかける少女』がみたくていきました)

大きな音があんまり好きじゃないっぽくて(ゲーセンに行きたくない理由もおなじ)、かつ本編の前の予告のエキサイトするかんじがすごくこわい

映画館がこわいひとって他にいるのかしらと思ってインターネットで調べてみたら、「暗い」とか「閉所」とかそういう怖さの事例しか見当たらなかったけどそういうのじゃなくて映画がこわい

映画と対にされやすい演劇をめちゃくちゃ好きなことにより「演劇が尊いかんじを出すために映画を批判してる」と思われるのがいやだなとおもっちゃうので出来れば映画のことは好きになりたいけど、たのしい映画もこわい ジェットコースターよりこわい ジェットコースター乗ったことないけどね

 

■スポーツ

うまくできないので楽しくない 足が遅い 自らの意志で走ったことが生まれてから一度もない 特に陸上部に入る人の気持ちが一切理解できない

お母さんは森脇健児と同じ陸上部出身なのですがずっとなんで陸上部に入ったのかわかんないなとおもってます 「走りたくて仕方なかった」って答えだったけど、そんなときなくない!?みんなあるんですか?足が遅く楽しくないし疲れるから走るのがキライです

あと泳げないので水のスポーツもできない

小学生のとき2年間キックベースをやってたけど(なんで始めたか全然覚えてない)、一切ルール理解してなかったしバントしかしたことないし(バントは蹴るのが得意じゃない人がやることだと思ってずっとバントしてたけど大人になって野球がちょっと分かるようになってやっと「そうではない」と気づきました)、ずっと補欠だったから応援で大声出すことをがんばってた 全然楽しくなかった 練習の休憩のときに近所の公園にはいなくて練習の公園にはいたでかい蟻を見たり木登りするのだけが楽しみだった気がする スポーツきらいなのに木登りはすきだったんかい

 

エナジードリンク

トイレに行きたくなってしまうのでかえって集中力が切れてしまう コーヒーは飲みすぎて水と同じように飲めてしまうし、めちゃくちゃ頑張りたいけど冴えないときのブースターみたいなものが私にはありません 覚醒剤

 

■他人の年齢

かなりの童顔家系なのでおじさんおばさんの基準が全く分からず、何歳くらいかなとかが見当もつかない

「お父さんとより老けて見えるから50歳ちょいかな」と思ったら40そこそこだったり、「お母さんが40くらいのときの見た目だな」と思ったら30代だったり、そういうのいっぱいあってよくわかりません

 

■夏の駐車場のにおい

こういうことを書くとエモい文章を書きたがっているみたいになっちゃってはずいんだけどさっき前通ったらやっぱ嫌いだと思った

 


ジブリ

みんなが当然のように見て育っているのに自分は見ていないというコンプレックスも含めて苦手

嫌いとかではなくて、家で見る習慣がなかったので観ていなくて知らなくて、今興味があるわけでもないので今も観ていないだけなんだけど、当然のように知ってるでしょということになってしまうのがとてもとても好きじゃなくて窮屈なのです

非国民のように言われるのがむかしからいやだったです

じゃあ窮屈を打開するために見たら?と思われるかもしれないけど興味がないものを観たくないのです

これは善し悪しのはなしではなく、興味をもつきっかけがないまま生きてるだけの話です

こっちゃんはM-1を一度もみたことないひとを「損してる」とか、ばかにしたことがないんだから、ジブリを見たことがないことも「そういう人もいるね」とおもってよ

6月1日から3日の日記

ふつうの日記です

 

■6月1日(金曜日)

仕事のことには一切触れたくないほど最悪の1週間!!!

仕事終えてからラーメンを食べました めちゃくちゃ食ってやった

「この気持ちはラーメンにしか救えない」という気分ってないですか?こっちゃんにはある

それだったのでラーメンをめちゃくちゃ食ってやったぜ

 

けいちゃんの仕事が終わるのを待って銭湯にいきました けいちゃんちの近くの銭湯

 

けいちゃんとお風呂はいるのずっとたのしい

シャンプーしながらけいちゃんのほう見て「うち目あけながらシャンプーできんのんよ」って言ったらけいちゃんがめっちゃこっち見ながら「あたしも」って言っておもしろかった うるさくしてごめんなさい

 

銭湯でてコンビニでアイス買ってたべよってなったけど座るところなくて散歩しながらアイス食べた

0時になるけ帰るねって言ったらけいちゃんがお姉ちゃんちと半分のところまで送るって言ってくれて10分くらい歩いたんじゃけど「散歩たのしいね!!!」ってなってもう20分くらい寄り道して喋った

 

けいちゃんが「走って帰ろwwww」って言うけけいちゃんが走るとこ見たくてバイバイしたあと振り返ったらけいちゃんも振り返ってきて面白かった

帰ったらけいちゃんから「かえった」ってラインきたけ「はしった?」ってきいたら結局はしらんかったんだって

 

 

■6月2日(土曜日)

シンクロ少女を観に行ったすばらしい日!!!

 

お昼頃からスズナリに向かい芝居を1本みました

シンクロ少女はほんとうに素晴らしい 不幸な人物のことをとことん不幸に描いてしまうところが好き 他には代えられない大好きな劇団!!

コンプソンズの細井準くんが出ていたのもとってもよかった

 

細井くんは元々やすひろくんの芝居が観たくて行ったどろんこのキキで知ったということもあって、なんだかシンクロ少女に出ているのは感慨深かったです

しかも細井くんのいいところが活きまくっていた

世界のはて世田谷とかも観ていて、無垢でストレートな表現の似合う人だとおもったのですが(コントにおいてツッコミにまわるときもあまり技巧的なことをしないのがよくて、なんかこどものパンチみたいなところが好き)、まさにそれが活きていてよかったな

そういうキャラクターだからこそ、心に抱えていることをうまく言えないみたいな気持ちの表現にグっときました

めちゃくちゃいい ほんとうにうれしい

あとマッチュさんと泉さんも大好きなので、同じ人物を演じてるのもうれしかったな~あ

 

夜は世田谷がやがや館(へんな名前)で大喜利千景をみる予定があったので、下北沢から池尻大橋まで歩いてみました

30分くらいでついたよ!!こっちゃんは運動ができないけど田舎者なので1時間くらいはなんとも思わずに歩くことができます

 

世田谷区のことがよくわからなかったけど、歩くことにおいてはめちゃくちゃ楽しい 上野の100倍楽しかったです

池尻大橋にはみんなでご飯を食べるところがなさすぎるよと思っていたけど、池尻大橋の駅から西に少しピーっといったところには色々なお店があったよ

(これを書くために池尻大橋の地図を見てみたら結構お金持ちの街ということがわかりごめんなさいと思いました)

 

少し早めについたので駅前のタリーズで時間をつぶしました シンクロ少女みて泣いたけめちゃくちゃねむかった

 

会場にいったら田んぼマンさんたちとエレベーターが一緒になって、操作の係をやったら田んぼマンさんがあとでお礼を言いにきてくれてたのしかったです

「結婚のパ以来ですね」て言われておもしろかった

 

大喜利とってもたのしかったです

大喜利千景のお試しライブいつもたのしくて、なんか企画として成り立っていくところを見ていられるのがとってもいいね

「おもしろい人がやれば楽しくなる」というわけではなく、ライブとして見せるんだとしたら他にも配慮が必要なんだろうなあみたいなのがたのしい

 

ライブのあとはかわねちゃんと、初対面の仲間由紀恵とかいう男と四文屋にいったよ

「居酒屋」と言わず「四文屋」と言ってしまうのはかわおねの影響だね~

 

仲間由紀恵はかなり年下だったけど面白いひとですぐに仲良くなれて嬉しかったよ(将来年齢をさばよむと決めているのでいくつ年下かは言わないよ)

仲間由紀恵はパーティーを名乗っていたときもあったらしい こっちゃんはパーティーのほうが好きだな

 

仲間由紀恵がどれだけ話しやすい人だったかというと、喫煙者のかわねちゃんが外に煙草吸いに行って2人になっても全然気まずくなかったほど、話しやすかったよ!!

かわねちゃんは自分の仲のいい人同士が仲良くしているのが嬉しいらしく、「仲間由紀恵と仲良くしてくれてありがとうね」とめちゃくちゃ言われた どういたしまして!!!!

 

全日さんとか芋子ちゃんとかかわねちゃんとか、おもしろい女の子と仲良くなって遊んでもらうようになってから、生活の潤いがぜんぜんちがう!!!たのしい!!!!!!

ずっと友達が少なくて友達が欲しいとも思ったことがなかったけど、すてきな友達ができたら「すばらしい!!!!!」という思いで溢れてきました

インナードライとおなじことだね 潤っているとおもっていたけど、内側から潤った場合に「今までの潤いは潤いではなかった」とわかったね

でもこっちゃんは本当にいい友達しかいらないんだよな 一人の時間が好きだから、一人の時間を削ってでも会いたいほどいい友達 だから今なかよしな人たちのことは本当にありがたく大事なひとたちだとおもっているよ

 

■6月3日(日曜日)

ぼいめんの特典会だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

飯田橋とかいう、本当に用事のある人しか行かないエリアのコンベンションホールで特典会

 

1部はけいちゃん取れなくて、1人でいきました

だいすきなつじちゃんとツーショ撮って「どっからきたん?」ってきかれて、「広島、うそ、東京!!!!」って言ったら「ぜんぜんちげーやん」って怒られた(顔が怒ってた)

「広島から来た」という自覚が一生抜けないね

 

けいちゃんと待ち合わせてタリーズでごはんをたべたよ

けいちゃんはスタバのほうじちゃを飲みに行こうねと言ったくせにタリーズでほうじ茶を飲んでいた

 

2部の撮影会のあとは近くにあった小石川後楽園に散歩にいったよ

あんまりお花が咲いてなかったけど紫陽花がきれいだった!けいちゃんはお花に興味がないとおもっとったけど紫陽花が好きって昨日気づいたんだって よかったよかった 入園料300円払った意義があったね

 

「写真撮るけおばさんのポーズして」って言ったらおばさんのポーズしてくれて面白かった

「お姉ちゃんもおばさんのポーズして」って言われたけしたけどその後「お姉ちゃんらしいポーズして」って言われて困っちゃった うちらしいポーズ?

 

4部とってなくて暇だったけラクーア行ったらあむろちゃんのファンがいっぱいおったよ

普段はがらんどうだろというかんじの場所に「安室ちゃん酒場」って看板立ててあったのがウケた すごい商売だ

 

5部でつっちーいったんじゃけど絆創膏しとったけ「ケガしたん?」ってきいたら「食器あらっとったら手荒れた」って言われてめっちゃよかった

 

そのあと池袋にいきました

けいちゃんのお誕生日プレゼントで、デパートの化粧品売り場にいってコスメを買ってみるっていうのをやろうって約束しとって、それをしにいきました!

ジバンシィのカウンターでオレンジレッドのリップをタッチアップしてもらって、けいちゃん似合っとってうれしかった!

妹がかわいいと嬉しい シスコンすぎる きも

 

ほんでローストビーフ丼をたべて帰りました

「楽しいけマクドナルドにでもいってお喋りがしたいけどねむいね」って言ったら「そうなんよ」って言われたけ帰った

 

おしまい

 

 

レッドブルつばささんのブログが大好きで最近はもう少し日記らしい日記が上がるようになってとても嬉しいしたのしい

日記を書く目的ってさまざまで今の私の場合は特筆したい出来事があった場合に日記としてブログを上げるのですが(ブログの役割が自分の中にいくつかあり、記録、発散、ツイッターにはふさわしくない長い文を書きたいだけ、の中の『日記』です)、「日記を書く」ということ自体が目的の場合もあるよね

それって1日が陰でも陽でもなにかを捻出して文字にするということなので、それもそれでいいなあと思います

でもこっちゃんは紙とペンを出して字を書くのが今めんどくさいからブログという形をとっており、だとしたらその目的でありのままを書くのはちょっと不向き

残しておきたい楽しいことを日記として書いて、一応ブログとしてアップするので人目に触れてもいいように体裁をととのえています 今のところ気持ちが窮屈ではなく、幸いなことに褒めてもらえることもあるのでいいかんじで続けられています

たまに褒めてくれる人ありがとうございます!!

東京の右側の情報

東京の右側に住んでいるのですが、東京って右側より左側のほうがでかいし充実してない?しかも家賃が安いらしい

 

東京に来る直前に一番仲良かった人が埼玉に住んでいたので、東京の人は全員埼玉に住んでるとおもってた(文が破綻していますけど本当に「東京のひとはみんな埼玉に住んでるな」と思ってたから仕方ないね)

埼玉に近くて、お父さんが昔単身赴任で住んでいた町で、広島にいた頃から通ってた小劇場が生活圏内にあるし、ということもあって今の場所に住んでもう5年目になります

 

友達がいない生活をしていたので全く気付かなかったけど、けっこうみんな、東京の左側に住んでいるね

特に中央線沿い ずるいなみんな

しかも中央線沿いに住んでいるひとは全員「中央線最高」と言っている

中央線最高とおもってるひとが多いということは中央線で通勤するひとが多いということですけど、それでも最高なの?ほんとに??いいな~

 

阿佐ヶ谷とか高円寺は好きなお笑いがいっぱいあるし、今の場所も新宿に出るには不便ではないけど阿佐ヶ谷に住んだとしたら生活圏内にもお笑いがありつつ新宿に行きやすいんだ、しかも新宿に行くのがラクということは下北に行くのもメンドくないということであり(中野にもそういえば劇場があるな)、趣味の場所のなかで生活できるのはとってもいいな、と思うけど、それだけ良い場所だったら今の家からでもわざわざ行けちゃうという理由で引っ越せない

 

この町で演劇祭もあるし

「演劇の街」ではないのに、演劇祭のときは町の人たちに気づかれずに演劇祭が行われているかんじも非常によい

この劇場では東京の演劇界のユースが公演を打つことが多くて、この劇場の5年前の公演情報を見ると今駅前劇場とか、なんなら芸術劇場とかで本公演を打つ規模に育っている劇団が多く、今知らない劇団だとしてもフラリと行っておいたほうがよいのです

だとすると、フラリと行ける距離に住んでおいたほうがいいようにおもいます

 

加えて通勤便利などの理由もありここから動く気が起こらなかったのですが、最近は左側が羨ましい

 

右側のいいところを言いたいな そんなのあるかな

 

上野のアンチなので上野のいいところはありません

上野のだめなところは汚い、清原みたいなじじいが平日の昼間にナンパしてる(「ナンパなんですけど」と声をかけてくるけどナンパだと開き直ることを“手段”と捉えているところがめちゃくちゃキモ~い)、などです。

シャンシャンがおるところだけはよかったけど、来年返還されるってきいてもう絶望的

上野のいいところ、ゼロ個になっちゃった~

 

営業マンはめしに詳しいとよく聞きますが営業マンのくせにめしに詳しくない

出先でのランチを楽しみにアポを取っても即受注にならなければ焦って「いまの商談で棒に振った1時間を取り返さなければ」と思ってしまい、ラーメン屋さんにすら入れません

ざけんな!!!!!!!!!!!!!!!!!

「日売り」という概念がそうさせるのですよ

 

浅草には舟和というすばらしい芋ようかんのお店があるけど舟和なんか何駅でも買える 有名すぎるから

同じく浅草にあるリストというお店のレモンピールチョコレートは本当においしいので、気にかけてみてください あんまり有名ではないけど本当においしいよ これは浅草の営業担当だからこそ知っている情報だ!!

 

東京の右側の情報を書こうと思ったけど知らなすぎて「右側の情報知らない日記」になっちゃった

ちょっとくらいみんなこっちに遊びにこようかなと思えるようないいところを見つけて報告いたします

 

恋バナ3

・社長(女)と恋バナしたとき「私不倫でいい」と言っていて理由をきいたら「他に大事なものが多すぎて相手を一番に想えないから、私のことが二番目くらいに好きな人を五番目くらいに想ってるくらいがいい」とのことで、割と現状の考えはこれかもしれないと思いましたが、社長の守るものは社員の生活であることに対してこっちゃんの守るものは演劇やお笑いをみてアイドルに会う生活なので、規模が全然違う 「失ったぶんなにかを得てトントンに着地する」「マイナスで終わらない」というコンセプトで生活をやっているので、「恋をせずに時間を過ごしていること」に対しての「趣味での満足度」を天秤にかけながら歳をとらなきゃ後悔するぞと思いながら、Googleカレンダーに気になる芝居の公演情報を入力して「秋まで確実に彼氏いらね〜〜」と考えたりしています 好きなことと天秤にかけてそれでも会いたい好きな人ができればそれが一番いいけど、別に恋してる状態が人間のフラットというわけでもないしなあと思うと一切焦ることができません


・彼氏がほしいかもと思うとき→目標達成が厳しい週の木曜日の夜(金曜締め切りのため)、インスタジェニックなスイーツのお店にいきたいとき、桜がよく咲いてるとき、きれいで花壇のある公園を見つけたとき、など


サンリオピューロランドに初めて行って(ひとりで)、結構楽しくてひとりでもまた来たいなって思ったけど、こっちゃんのことがめちゃくちゃ好きで写真を撮ってくれる人がいたとしたらそれはそれでめちゃくちゃいいなと思いました


・彼氏が「ほしい!!!!」と思わないだけで、恋をしたくないわけじゃないんですょ


・こっちゃんの住んでる街について言及してくれる男の人が好きです 「年寄りばっか住んでんな」と言ったあなた、「田舎の都会みたいでいいね」と言ったあなた、どちらもありがとうと思っています


・自分のことを好きな人が撮ってくれた自分の写真ってめちゃくちゃ大事じゃないですか?そういう経験が年齢の割に少なすぎる


・高校生のとき電子辞書貸してあげただけで同級生から好きだって言われたことあったけど大人もこれくらいちょろかったらな